種類と特徴

葬儀会場

埼玉ではさまざまなスタイルの葬儀をおこなうことが可能なため、選ぶ際はその種類について知っておくとよいでしょう。まず挙げられるのは、「一般葬」と呼ばれるものであり、昔からあるような大規模におこなわれるお葬式のスタイルを指します。次に挙げられるのは、最近都市部で主流になっている「家族葬」であり、身内だけの小規模なスタイルが特徴になっていると言えるでしょう。そしてシンプルなスタイルのものとしては、「一日葬」と呼ばれるものがあり、こちらはお葬式の日程を一日に短縮しておこなう(通夜を省略する)のが特徴となっています。さらに最もシンプルなものとしては「火葬式」があり、通常の儀式をすべて省略して火葬だけをおこなうため、激安の費用で済むという点が特徴です。

家族葬のメリット

埼玉では従来の葬儀スタイルである一般葬もよくおこなわれていますが、最近は小規模スタイルの家族葬が人気になっています。なぜ人気なのかというと、「身内だけでおこなえるためあまり気を使わなくて済む」というメリットがまずあるからでしょう。一般葬のような大規模な葬儀の場合は、そこまで親しくない参列者も訪れることもあるため常に気を使う必要がありますが、身内だけの葬儀ならそうした気疲れをすることもありません。そして「参列者が少ない分、費用も安くできる」ということも家族葬のメリットだと言えるでしょう。家族葬の場合は、参列者が少ない分、葬儀本体費用や飲食接待費用を一般葬よりも安くすることができます。

一日葬と火葬式のメリット

埼玉では、先ほど紹介した家族葬が人気になっていますが、その他にもシンプルなスタイルが特徴となっている一日葬や火葬式を選ぶ方も増えています。まず一日葬に関しては、通常二日間の日程を一日に短縮できるため、「遺族が高齢の場合は、体力的または精神的な負担を軽減できる」というメリットがあると言えます。それに費用についても、通夜を省略するのでその分安く済ませることができるという点がメリットになっていると言えるでしょう。次に火葬式に関しては、通常おこなわれる儀式をすべて省略するため「費用がかなり安く済む」ということが最大のメリットになります。一般的な葬儀の費用は総額で200万円程度かかると言われていますが、火葬式の場合はその10分の1にあたる20万円程度で済ませることができるのです。したがって、できるだけ費用を抑えたいという場合によく選ばれていると言えますし、または故人が高齢のため参列者がほとんどいないという場合にも向いていると言えるでしょう。

広告募集中